MENU

SMS機能を追加することでスマホがもっと便利になる!

格安SIMを利用する上で、追加搭載するか否か意見が分かれるのがSMS機能ではないでしょうか。LINEやskypeがあるからSMSはいらないのでは?という意見も多い一方で、会員登録を行う際の身元を確認の一環として利用されることも多いSMSはあったほうが良い、という意見もたくさんあります。

 

BB.exciteモバイルLTEは2014年2月27日からSMS機能に対応しています。概要は以下の通り。

 

  • 月額利用料:SIM1枚当たり140円(税抜)
  • SMS送受信費用:国内送信3円(税抜)、国外送信50円(非課税)、受信無料

 

BB.exciteモバイルLTEは3枚SIMセットが魅力のひとつとなっているのですが、SMS機能については各SIMカードごとに登録する必要があります。なので、家族で使っていて、SMSが必要なのは父親だけ、といった細かいニーズに対応できます。

 

SMS機能って何?

SMS機能の必要性を検討するためにも、改めて内容をおさらいしてみましょう。

 

まずSMS機能についてですが、携帯電話番号宛てに短いメッセージを送受信できるサービスです。国内の3大キャリア(docomo、au、SoftBank)の携帯電話だと基本的にSMS機能が標準搭載されています。しかし格安SIMの場合だと別途登録しないと使えないことの方が多いです。

 

SMS機能のメリットについてですが、電話番号しか連絡先が分かっていない人に対してもメッセージが遅れること、アンテナピクト問題や、セルスタンバイによる充電の消耗を改善できる可能性があることなどが挙げられます。

 

アンテナピクト問題とは?

通信可能な状況にもかかわらず端末では圏外扱いになってしまう状態。セルスタンバイはこれによる電池消耗の増加状態のこと。SMS対応SIMを挿入することで解決されることがほとんど。

 

また、LINEをはじめとしたいくつかのSNSサービスは会員登録のために身元確認としてSMSを利用することがほとんどです。格安SIMに切り替えたばかりなど、SMSが使えない状態だとこれらのサービスが利用できない可能性があります。しかしSMS機能があればこれらのサービスをすぐに始められます。

 

LINEの登録にも必要なSMSが月額140園で使用できるBB.exciteモバイルLTE

ということで今回はBB.exciteモバイルLTEのSMSについて紹介してきました。

 

必要かどうかについては個々人のスマホの使い方によるので何とも言えませんが、何よりはあったほうが安心できるのは間違いありません。もともとの月額料金が安いので+140円でSMSが使える、と考えると決して悪い選択ではないように思えます。

 

例えばLINEを始めるためにSMSが必要になったので、最初だけ契約して、必要が無くなったら後で解除する、といったこともできます。そういった使い方も視野に入れておくと良いかもしれません。

BB.exciteモバイルLTE


さっそくBB.exciteモバイルLTEの格安SIMに申込む


BB.exciteモバイルLTEのお申しこみ・詳細はこちらから